時代の変化がもたらす利益と弊害

バブルの崩壊後、日本企業の多くが合理化に向けて合併や吸収を模索してまいりましたが、いまだ不況のトンネルは出口が見つからず、企業はさらなる合理化を迫られています。
そんな状況の中で、コストの削減は企業がもっとも重視する運営戦略です。同じ材料、同じサービスを、いかに低費用で仕入れるか?

派遣社員の活用もその一つの合理化戦略のひとつといってもいいでしょう。
皮肉なことに、派遣社員の多くには、もともと企業の合理化のもとにリストラされた人材が多くいます。そしてその人材が、今の企業の合理化を支えているのも事実です。

IT業界も、この企業の合理化には大きく関わっています。
支店や社員をあまり使わず、インターネットを活用した極端な合理化の素に運営される保険会社の登場や、ネットバンクなどはコストの削減により内容の充実した低費用のサービスを始めました。
それは、企業にとっても消費者にとっても良いことですが、さらなる失業者を生むことも事実です。

また、消費者にとってはネット市場で繰り広げられる価格比較サイトの情報で、同じ商品、同じサービスをより低費用で受けることができます。価格サイトに参加している企業も、大手量販店など信用のおける多くの企業が参加しており、低費用だからと言って何も裏がある訳ではありません。
しかしまた、激化する価格競争が更なる企業の合理化をせまっているのも事実です。

私が社会人となった時、時代の企業はもう確立していています。業界で活躍していた偉人と同じような人物はもう生まれないと言われておりましたが、今の時代は新たな偉人を誕生させ、革命を起こしました。本当に、チャンスがあるのは今のこの時代だと思います。
いまやIT戦略なくして、合理化はできません。良くも悪くも、今のこのIT時代を受け入れ、時代の波に乗って、確かな情報を得ることが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です